ピンセットの話

前に自作工具の話で、IC抜きピンセットのことを書きましたが、そういえば他にも何種類かのピンセットにお世話になってるな、と思ったので紹介します。 鳩歩堂は基板加工機を使っているので、なるべく片面基板を使うほうが楽です。そのためジャンパーを沢山使う場合があります。ジャンパーは見た目には同じ太さの錫鍍金銅線などがよろしいのですが、抵抗や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かわいいデザインにしたったど

新型のXYスキャナ駆動用高電圧(といっても±150V)アンプが完成。 ライントレーサーを除けばこのところ何ヶ月もこういった装置の製作ばかりで、いいかげんウンザリしているので、遊びを入れようということでかわいいデザインにしてみました。縁がグレーなのがいけませんね。縁をチープな金色かなんかに塗装してギャルがケータイに貼っている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

工具の脱磁(鳩歩堂流)

先日TEM-AFMのコントローラ一式を受注。 といっても研究室内でのこと。これが商売ならおいしいんですが。 それで本日はカットオフ周波数可変2chフィルタの基板に部品を実装していました。積層セラミックコンデンサの足をニッパーで切ったらニッパーがいつの間にか着磁していて、切りくずがくっついてしょうがありません。 そこで本日は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワンボタン555

ピエゾウォーカーのドライバについてはここにも書きましたが、研究室であっちこっちに使われるので、今までいろんなバージョンを作ってきました。 現在の主力機は「アプロチン」という装置。エナジードリンクのようなへんな名前ですね。 更に以前にはZ軸位置決めをぴたりと決めるという意味で「ジャスピタンZ」というのもありましたが廃盤になり、ドリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CINNA

自宅で銅版画を始めようかと思います。研究室で使ったアセトンとエタノールの空き瓶を貰っていってグランド(工学的に言うとレジスト)を薄めたのだとかなんだとか薬品を入れようと思い、空き瓶をあさっていたらシンナーの空き瓶を発見。 デザインもレトロだし、合資会社林市次商店だし、それにCINNAって何? 林ケミカルという会社が日…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

SCK25616L-Aが廃止!

ノリタケ伊勢電子の蛍光表示器キットSCK25616L-Aが廃止ですと。 この製品はシフトレジスタチップの基板の裏がそのまま蛍光表示器になっているということで、小型で駆動回路が簡単というのが売りだったんだと思います。鳩歩堂はAFMのZ軸コントローラ、ZeeKon3とZeeKon4に、Z軸位置を表示するレベルメータとして使って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハトメの効用

現在は4層以上の基板が普通に使われるようになっています。P板ドットコムではデフォルトでも両面スルーホール基板に両面グリーンレジストと部品面シルクが標準ですね。昔むかしは費用を節約するために出来るだけ片面にした、というか、片面で十分なくらい実装密度が低かったともいえますが、適宜ジャンパーを使うことで片面基板を使う場合が多かった。 片…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ライントレーサーの工作教室

P板ドットコムから届いたライントレーサーの基板と試作品。 工作教室は昨日終わりました。 午前・午後それぞれ10人の主に小学生を対象に、2時間ずつ工作教室をしました。午前は男の子ばかり、午後は女の子8名、男の子2名。ニッパーを使ったりはんだ付けしたりの経験があったのは3名くらいでしたが、子供は上達が早い…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

自作工具

上のはパネル用のBNCジャックのネジを締める時にBNCジャック側に使うレンチです。壊れたビニール傘の柄の穴を拡げたものに壊れたBNCプラグを加熱して押し込んであります。以前は木の丸棒を使ったのも作ったのですが、場合によると丸棒が太すぎて隣の部品に当たるので、現在はこれを愛用しています。 真ん中のはIC抜きです。IC填めにも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

可変フィルタ

2チャンネル可変フィルタです。 NF回路設計ブロックなどからすてきな市販品が買えるのに、なぜ自作? 原子間力顕微鏡(AFM)というのはオングストローム以下の変位測定を行うので、実験室の騒音は少なければ少ないほど良いです。ところが、最近はオシロスコープでもなんでも冷却ファンがない製品が少なくなってきました。 とい…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

松下のロータリーエンコーダ

ノブコンに日米で買ったロータリーエンコーダを付け替え、動作は完璧になりました。 ただし、ピンアサインがアルプスのと違うので、基板は切ったり貼ったりの改造が必要でした。 写真の中のイラストは実物から読みとったピンアサインです。 Aと書いてあるピンはノッチ角(という用語が正しいかどうか知りませんがノブが停止する角度のこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノブコンの改良

ノブコンが5台あるのですがロータリーエンコーダが次々と劣化。右に回しても頻繁に左に回ったような誤ったパルスが出、もちろん逆も同じように起こります。AFMのアプローチに使っている時にたまにリトラクトするならまだしも、緊急にリトラクトするつもりがアプローチされたのではたまりません。以前からたまにバックファイヤーしていたのでしたが、ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パルストランス考

コモンモードチョークは入手しやすいので、パルストランスのかわりに使えないかという考察をしようと思います。ここではパルストランスといってもいちおうパワーMOSのゲートを駆動する用途に限定します。 パルストランスを選ぶには「ET積」というパラメータが重要です。これは鉄心を飽和させないで使うための条件です。 上の図はパ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ピエゾウォーカーと駆動回路の工夫

鳩歩堂はAFM(原子間力顕微鏡)などの研究に従事しています。この仕事ではナノメートルとかオングストローム以下の変位を制御する必要がたびたび生じます。圧電素子(ピエゾ素子)を使うとそれは出来るのですが、圧電素子のストロークはミクロン程度しかありません。 たとえばAFMのカンチレバーを試料に接近させて、最終的にはナノメートル程度の距離…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ライントレーサーの動画ができたよ

いやどうも、約100個の振動モーターからおもりを金槌でトントンやって外すのはたいへんでした。 それもですが、花粉症で目が痒くて抗ヒスタミン薬を飲んでいたため二ヶ月くらいぼんやりしていました。その間FPGAとDDSの載ったボードのプログラムを書こうとしていたのですが、論理回路の設計をするには頭のスッキリ度合いに閾値があって、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ライントレーサー

ライントレーサーは片手間でちょちょいのちょい、のつもりでしたが、試作・改良というのは楽しいものでついはまってしまいました。その結果すごく性能が良くなってしまいました。 現在の回路です。あとは変更するとしても定数をいじるくらいだろうと思います。 初段のベース抵抗は半固定にして左右のCdSの特性の違いを補正出来る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラシナシハブラムシ

先日のハブラムシなんですけど、車輪の方が動きがいいと思うのです。 言い換えるとハブラムシは動きが虫っぽくてちょっとキモイような気もします。 そうかといってせっかく2個100円のモータがあるのだから5000円のギヤドモータで作ることもありません。 減速機を付ける代わりに非常に小さい半径の車輪、つまりモータのシャフトそのもので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハブラムシ

先日のライントレーサーの試作機ができました。 回路はちょっとだけ変更しました。左右のCdSの明るさが均衡しているときには左右のモータが同時に回っている方が良いのですが、前の回路だと左右どちらかしか回りません。2段目のアンプのPNPトランジスタとNPNトランジスタのベースをそれぞれ電源とグランドに高抵抗でバイアスすることで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1.5Vで動作する回路

小中学生向けに世界一簡単なライントレーサを作ろうと思います。 以前、大学の電気工学科の1年生に電気工作を初体験させるため、世界一簡単なライントレーサー(のつもり)を2001年頃に設計しました。2個のCdSが床に引いた黒い線を検出し、左右に付けたタイヤの速度がそれによってコントロールされ、ラインをトレースするというものです。マイコン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more