新型ライントレーサー

画像

5月に作った基板には振動モーターの錘を外したのを使ったのでした。しかしそれが品切れになり、代わりのモーターとして千石電商に出ている100円の6Φのモーターを使ってみたこともありましたが、速すぎてトレース性能が下がって困っていました。

そういえば、夏休みに京都芸大の子供向けのワークショップに前のバージョンのライントレーサーを使わせて欲しいというオファーがありました。ちょうど最初のモーターが品切れになるかならないかという時期で、千石電商のモーターも試したりしてもらったのですが、けっきょく最初のモーターを10台分かき集めることができたので、それで乗り切りました。イベントの記録を送って下さることになっていたので、それが届いたらブログに書こうと思っていたのですが、これを読んでいたら、そのうちに送って下さいね。

さて、おおざっぱに言って直径の小さいモーターは高速なのですが、最初に使ったのは適度に性能が悪かったために、負荷がかかると速度が落ちてちょうど良くなっていたようです。トルクが強いモーターに変えたらカーブを曲がりきれずに突進するようになったということです。

そこで新型ではモーターの直径を大きくしました。10Φの円筒の2面を削ったような形のモーターの出物を買ってきて作ったら具合が良かったので、基板をそれに併せてリバイズしました。

モーターは500個調達できました。2年くらいはこのモーターでいけると思っていたのですが、10月にさっそく外国の大学院生が参加するイベントで約60台作りました。2個ずつ使うから残り380個です。12月には学部生の授業で30台程度、高校での出張授業で35台作る予定があるので130個減り、500個あったモーターがすでに半分になってしまいます。(それにしても、さいきんライントレーサーが引っ張りだこで、かなりの時間をそれに割くようになってしまいました)

そんなわけで、モーターの入手が心配の種になってきました。今使っているモーターはメーカーが不明です。秋葉のジャンク店にあと幾つ在庫があるかもわかりません。同じ寸法のモーター(ただし軸が十分長くないと使えない)が○ネベアにも○ンキョーにも、他のメーカーにもありますが、今のところ見積依頼に返事をくれません。○ネベアは5000個以上でないと販売しないことを電話で確認しました。だから5000個で見積を依頼しているのに、半月経っても返事をくれません。納期が4ヶ月かかりますとも言われました。

今のうちから手配しておけば4ヶ月の納期はなんでもない。5000個買う用意もある。前金でもいいくらいだ。でも返事なし。

ロット5000個以上、納期4ヶ月、解答ナシというのは、大口のお客様しか相手にしてないってことを察しろよな、みたいな意味なのでしょうか。はっきり言えばいいのにね。言っても言わなくても態度悪いと思うけどさ。

ネットで中国のメーカーを調べると、ロット1000個から売ると書いているところが多いですね。最低2個のサンプルを入手しないと大量に購入するわけにいきませんし、海外から部品を買ったこともないので、そのへんが障壁にはなっていますが、慣れてくれば中国メーカーの方がつきあいやすいのかも。モーターの調達は近いうちに待ったなしの状況になるかも知れません。中国に見積依頼してみようかな。所詮おもちゃなので耐久性が多少劣ったとしても、その分安ければまさにピッタリだし。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ライントレーサーのモーターが見つかっただよ

    Excerpt: モーター探ししていたライントレーサーですが、去年の冬頃でしたか千石電商にちょうどいいのが登場しました。冬の間ブログ更新をさぼっていたので忘れていましたが、思い出したので書いておこうかと。 Weblog: 鳩歩堂の電子工作館 racked: 2011-06-12 00:54