CINNA

自宅で銅版画を始めようかと思います。研究室で使ったアセトンとエタノールの空き瓶を貰っていってグランド(工学的に言うとレジスト)を薄めたのだとかなんだとか薬品を入れようと思い、空き瓶をあさっていたらシンナーの空き瓶を発見。

画像


デザインもレトロだし、合資会社林市次商店だし、それにCINNAって何?

林ケミカルという会社が日本橋本町4-6-1に(たぶん数年前まで)あったようですが、今は同じ名前の会社が日本橋馬喰町にあるようです。林市次商店が林ケミカルの前身なのかな。

とか調べていたら、なんか林ケミカルって爆発物の原料になる薬品を安易に売ったとかで事件になってたんですか。CINNAのおかげで今頃知ったよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

CINNAの瓶について 
2018年05月06日 12:14
コレクションしてます。独特なガラスの色合い、味のあるラベルデザインに魅了されコレクター活動をしています。
画像のシンナーの瓶、魅了されました。林ケミカルの設立当初(具体的な年代は不明、瓶の形状から1970年代)とお見受けします。購入したいのですが、お取引ご検討頂けませんでしょうか。宜しくお願いいたします。
2018年05月08日 21:51
これは職場にあった瓶で、捨てた記憶は無いので探してみます。職場ではシンナーの空き瓶以上の価値は無いので、見つかったらまたコメント入れておきます。でもその場合どうやって連絡をとればいいのでしょうね?
2018年05月08日 21:53
失礼、文が乱れてました。職場では空き瓶以上の価値はないので、見つかったらタダで差し上げますが、どうやって連絡をとったらいいものやら。とにかく見つかったらまたコメント入れます。
2018年05月09日 20:21
CINNAの瓶がまだあることを確認しました。

この記事へのトラックバック