テーマ:ライントレーサー

ライントレーサー発売

ライントレーサーが発売されました。 1台売れたら幾らとか小遣いが入ると思うでしょう。全然入らないんです。その話は後で書きましょう。 2週間後にあるイベントのために50台分が納品されました。自分で基板を発注したり部品を用意したりしなくて済むようになり、だいぶ楽になりました。 このロットの電池ケースはリードがピ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょこまカーのホームページができました

超かんたんライントレーサー「ちょこまカー」が8月中に発売になります。株式会社アーテックから。それに併せて作り方や回路の動作を解説するホームページを作りました。 ちょこまカードットコムですよろしく。 当初は学校向け教材として営業するそうです。いずれは小売店にも置いてもらえるのではないかと思います。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フルカウル仕様のちょこまカー3台完成

ちょこまカーのカウル付き、3台完成しました。 けっきょくいちばん使いやすかった樹脂は、ポリエチレンテレフタレート、PETでした。 最初に買った塩ビは良かったのですが、次に同じメーカーのを買ったのにこんどはちゃんとキワまでなじみませんでした。ヒートガンで加熱したらそこだけ孔があいたりして苦労しましたが、けっきょくモノに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょこまカーのカウルが進化

夏休み中に木型を作りましたよ。 材はシナノキです。いなかの家にたまたまあったから使ったのですが、木目が不鮮明で柔らかく彫刻に使われる、という木材だそうです。確かにカッターのような刃物で削るとサクッと削れるのです。ところがヤスリをかけようとすると材が油でも含んでいるかのように粘るというか、サクサク削れずに粘っこい感触です。ハードチーズの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ライントレーサーのカウルを作る

ライントレーサー(ちょこまカー)を小児科病棟の子供の遊びに使いたいというオファーがありました。安全のためにカバー(カウル)を付けることになり、はじめての真空成形に挑戦しました。 とりあえず加工が楽な木材で木型を作ることにしました。圧倒的に加工が楽なのがバルサ材ですね。13年前日立在住時代にジョイフル山新で買ったバルサ材。寸法が合わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ライントレーサーのモーター取り付け金具

ライントレーサーのモーターを取り付ける金具を試作してもらいました。厚さ0.3 mmの真鍮板からレーザーカットで切り抜いたものです。 これをモーターのシャフト側にM1.4のビスで取り付け、脚を基板にはんだづけします。 端子側は逆起電力バイパス用のダイオードを利用して固定。 だいぶすっきりしました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ライントレーサーのモーターが見つかっただよ

モーター探ししていたライントレーサーですが、去年の冬頃でしたか千石電商にちょうどいいのが登場しました。冬の間ブログ更新をさぼっていたので忘れていましたが、思い出したので書いておこうかと。 ちょっとシャフトが短いのですが、床に届かないほどではなく、トルクや速度もちょうどいいです。面白いのは、今使っているシャフトの長いのは、た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新型ライントレーサー

5月に作った基板には振動モーターの錘を外したのを使ったのでした。しかしそれが品切れになり、代わりのモーターとして千石電商に出ている100円の6Φのモーターを使ってみたこともありましたが、速すぎてトレース性能が下がって困っていました。 そういえば、夏休みに京都芸大の子供向けのワークショップに前のバージョンのライントレーサーを使わ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ライントレーサーの工作教室

P板ドットコムから届いたライントレーサーの基板と試作品。 工作教室は昨日終わりました。 午前・午後それぞれ10人の主に小学生を対象に、2時間ずつ工作教室をしました。午前は男の子ばかり、午後は女の子8名、男の子2名。ニッパーを使ったりはんだ付けしたりの経験があったのは3名くらいでしたが、子供は上達が早い…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

ライントレーサーの動画ができたよ

いやどうも、約100個の振動モーターからおもりを金槌でトントンやって外すのはたいへんでした。 それもですが、花粉症で目が痒くて抗ヒスタミン薬を飲んでいたため二ヶ月くらいぼんやりしていました。その間FPGAとDDSの載ったボードのプログラムを書こうとしていたのですが、論理回路の設計をするには頭のスッキリ度合いに閾値があって、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more