テーマ:ちょこまカー

ちょこまカー実習回路セットの電圧計

ちょこまカー(超シンプルライントレーサー)を大学の授業に使うには、当然、アナログ電子回路の基礎を学ぶというマジメな内容とセットでなければなりません。 そのために用意しているのが、ちょこまカーの各ブロック(たった6石ですが)を取り出して波形などを観測できるように作った実習セットです。5班分用意してあります。 高校生対象…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ライントレーサー発売

ライントレーサーが発売されました。 1台売れたら幾らとか小遣いが入ると思うでしょう。全然入らないんです。その話は後で書きましょう。 2週間後にあるイベントのために50台分が納品されました。自分で基板を発注したり部品を用意したりしなくて済むようになり、だいぶ楽になりました。 このロットの電池ケースはリードがピ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょこまカーのホームページができました

超かんたんライントレーサー「ちょこまカー」が8月中に発売になります。株式会社アーテックから。それに併せて作り方や回路の動作を解説するホームページを作りました。 ちょこまカードットコムですよろしく。 当初は学校向け教材として営業するそうです。いずれは小売店にも置いてもらえるのではないかと思います。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょこまカーにフォトトランジスタを使う

ちょこまカーの光センサーはいまのところCdSです。CdSはカドミウムが入っているのでこの頃では嫌われる傾向にあり、フォトトランジスタに置き換えようという動きがあります。 ちょこまカーでは別の観点からもフォトトランジスタに興味がありました。CdSの場合、直径が小さい方が細い線を認識できます。秋月で売っている最小のが直径5mm…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

フルカウル仕様のちょこまカー3台完成

ちょこまカーのカウル付き、3台完成しました。 けっきょくいちばん使いやすかった樹脂は、ポリエチレンテレフタレート、PETでした。 最初に買った塩ビは良かったのですが、次に同じメーカーのを買ったのにこんどはちゃんとキワまでなじみませんでした。ヒートガンで加熱したらそこだけ孔があいたりして苦労しましたが、けっきょくモノに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょこまカーのカウルが進化

夏休み中に木型を作りましたよ。 材はシナノキです。いなかの家にたまたまあったから使ったのですが、木目が不鮮明で柔らかく彫刻に使われる、という木材だそうです。確かにカッターのような刃物で削るとサクッと削れるのです。ところがヤスリをかけようとすると材が油でも含んでいるかのように粘るというか、サクサク削れずに粘っこい感触です。ハードチーズの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ライントレーサーのカウルを作る

ライントレーサー(ちょこまカー)を小児科病棟の子供の遊びに使いたいというオファーがありました。安全のためにカバー(カウル)を付けることになり、はじめての真空成形に挑戦しました。 とりあえず加工が楽な木材で木型を作ることにしました。圧倒的に加工が楽なのがバルサ材ですね。13年前日立在住時代にジョイフル山新で買ったバルサ材。寸法が合わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more