テーマ:安定化電源

トランスの漏れ磁束に注意

前の記事「電源回路のグランドパターン」で50Hzまたは60Hzのノイズはシールドが悪い場合に出ると書きましたが、電源トランスの漏れ磁束を拾う場合もあります。 電源トランスの漏れ磁束が回路に絡むと、当然ハムノイズが入ります。 こういう低周波数の磁束はシールドが効きません。導体で囲ってもあまり効果がありませんし、鉄の箱に入れても完全…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

電源回路のグランドパターン

とてもリプルの少ない電源回路を設計したので、基板を設計して計測装置に使用したところ、使用者から計測結果に正体不明の100Hzのノイズが含まれているという苦情が来ました。これは実際に経験したことです。電源基板のグランドパターンがまずかったのです。後になって参考書をよく見るとちゃんと書いてある本もありました。もっと強調して書いてくれればいい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

高電圧アンプの電源

高電圧アンプ用の安定化電源です。 出力電流が10mA程度なのでヒートシンクは使いたくないから、トランスの電圧をなるべく低く抑えたい。整流してピーク電圧が210Vから220V程度になるような二次電圧というのはAC150Vから160V程度です。ところが、市販の電源トランスはそんなのはない。だから組み合わせて使おうということで、二次側1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more