テーマ:高周波回路

プッシュプルクラップ発振器

前の記事でクラップ発振器の図を載せませんでしたから、今回コルピッツと一緒の図にまとめてみます。 (a)はコルピッツ、(b)がクラップです。コルピッツとの違いはコンデンサが1個コイルと直列に入っていることです。(c)のように並列のコンデンサがあるのは何と呼ぶのか知りません。知りませんが、前回の趣旨から言えば大同小異といったと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レシオ検波の改良

何年か前にトランジスタ技術誌に投稿したことがあるネタですがここに再掲します。 トラ技の記事はそれなりにカシコマッテ書いたので式を使って回路を解析したうえに、どこか符号かなんかが間違っていたような気がします。ここはブログだから気楽に書けますし、何年分かの歳の功で、よりうまい説明ができる気がします。 レシオ検波って終わったの? F…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

Ratio Detector is Improved

WHERE HAS RATIO DETECTOR GONE? The ratio detector has been very popular FM detection technique since vacuum tube days. It was used in the Panasonic radio cassette coder…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more