PICONの回路を公開するよ

当ブログ最初の記事で組み立ててるところだけ公開していたPICONですが、遅ればせながら回路図を描いたので公開しますよ。

PICONというのは鳩歩堂特製の汎用PIコントローラです。走査プローブ顕微鏡ではPID制御までは必要ないので。
今回目標値をディジタル設定できるような機種を開発するため、実物だけあって回路図が無かった!PICONの回路図を描き、設計を見直そうというわけです。

まずは目標値と誤差増幅器まで。

画像


入力がふたつありますが、これは内蔵の目標値設定をゼロにしたときに片方の入力を目標値として使えるように考えてあるのです。そのため極性がスイッチで反転できるようになっています。入力インピーダンスが10kΩというのがちょっと気になってきました。こんどは1MΩに設計変更したいと思います。

次がPI(比例と積分)ゲイン設定部から出力まで。

画像


積分時定数は積分器の入力をポテンショメータで絞ることで変更できるほか、積分器を構成している反転増幅回路の入力抵抗または帰還容量のいずれかを切り替えることで変更できます。抵抗の方は動作中に切り替えても制御出力に影響しませんが、容量の方はどんな電圧が出てくるか不明なので、動作中に切り替えてはいけません。容量の切り替えスイッチは小さいマイナスドライバーを突っ込んで切り替えるようにしてあります。

出力は反転と非反転がそれぞれ2個用意されています。片方をオシロスコープでモニターするというような使い方をすると便利です。

オペアンプはすべてOPA2277またはOPA277です。

今回は出力に電圧リミッターを付ける改良も施したいと思います。

電源回路は今回公開しませんが、自作のドロッパー電源です。3端子レギュレータより優れているかは微妙なのですが、電源のフィードバック回路に昔じゃもったいなくて使えなかったOP07などのちょっと良いオペアンプを使って楽しんでします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック